Original

【産経の留学】イルカと語学留学(スービック留学体験記)

こんにちは、産経オンライン英会話 運営事務局です。

産経オンライン英会話がご紹介する留学プログラムには、いくつかの行き先があります。今回ご紹介するのは、フィリピン・スービックにある iYes Language School

日本人が経営する小規模校で、1日7コマのマンツーマンレッスンを基本とする英語学習の他、インターンシップ、各種アクティビティなども充実しています。

今回は、iYesに留学したS.T様(男性・会社員)から、充実の留学体験記が届きました!


イルカと語学留学


なんという研修の名前だろう。イルカが英語を喋るわけでもないし、イルカと語学留学とは...。良く読めば、イルカと泳ぐアクティビティが付属している語学留学だという。


仔細に見れば、プライベートレッスンを含めて1週間で35時間ものコマ数。毎週駅前留学していたら半年はかかる時間数のレッスンを1週間で受けられる。しかも、プライベートレッスンも盛りだくさん。さらに、イルカと一緒に泳げるらしい。この魅力に惹かれて、つい申し込んでしまった。


感想。「良かったよ。もう一回行きたいなぁ。」フィリピンの印象も変わった。好きな国になってしまった。出稼ぎ、フィリピンパブ、それに加えて、反政府ゲリラ、これがフィリピンのイメージだった。ためらっていた時に、先輩がフィリピンに行って「良かった。意外にも好きになったぞ。」という。そこで、僕も申し込んだ。1週間の滞在を経て、意外なほどにフィリピン好きになった自分に驚いた。まず、英語の研修が、良かった。先生方は若いが熱心で、それぞれの特徴を持っていた。主任教師のマージは、英語の教え方を大学で学んだこともあり、発音の仕方の教授方法は分かりやすかった。


mとn、rとlの発音の違いは頭では理解しても実際に、その通りに発音することは難しい。tやsの子音は、音が小さく、さらにマスターし辛い。日本語の参考書では「英語耳」が良いと思うし、事前に読んでいくと良いと思うが、独学の限界を思い知らされた。独学では、自分の発音が聞けないことに加えて、どういう口の形をするかが分からないので、発音を上達させることが難しい。


10年以上前に、米国でマンツーマンのPrivate Lessonを受けて以来の発音のレッスンであったが、もう一度受けたい。日本で2つの大手語学学校に通ったことがあるが、授業料の関係で、マンツーマンで発音や口の形を教えてもらうような機会は極めて限定的であった。その意味でも、発音の練習は良かった。もっと、発音練習に時間を割くようにお願いすれば良かったのではないか、と今になって思うくらい、良かった


次に、街の感じを徒歩圏で知ることができたのは良かった。語学研修で海外に行く場合には、街に出て雰囲気を感じることも重要だが、学習時間もあるから、どう時間を捻出するかが課題だ。マニラに滞在した先輩は、語学学校まで車で移動したという。距離の問題、治安の問題、いろいろあるのだろう。この点、iYesでは、ホテルが学校となっているので、授業の合間に部屋で休憩もできるので、学校と宿の移動時間が節約できる。ついでに言えば、週前半の体調が良くなかった時には、横になって休めたので助かった。週後半には、テクテクと歩いて近所に出かけることができた。治安が良いから安心だ。


米国の大学街に住んだことがあったが、夜は、ちょっと気を付けないといけない。それと同じか、それよりも安全な印象を受けた。特筆すべきは、近所に大きなショッピングセンターが2つあること。米国滞在時には大型量販店やスーパーに行かないと1本250円のペットボトルの水を買わなければならない(量販店では1本30円程度)という不具合があったが、スービックも米国の影響もあるのか、値段差はあると思う。でも、ショッピングセンターが近所にあるので、ビールでもコーラでも、相応の安さで買える。もちろん、ホテルにも売っているけど、街の感じが分るという意味でも、ショッピングセンターでビールやらおつまみを買うのは良いこと。ミニストップが何軒かあるので、そこで日本と似た感じで買い物もできる。朝早く起き、近所のビーチを散策するのも良い。


スポーツ好きの人も対応できるロケーションというのは良かった。ホテルの前には、テニスコート、陸上トラック、プールがある。先生方とテニスに興じる人もいると聞いた。僕は、50mプールに2回ほど行った。「水を飲むと、赤痢になる」という話も聞いたが、一回下痢をしただけで、大丈夫だった。プールでは、フィリピン内の選手権に向けて練習に励む選手たちが多くいるのだから、赤痢になるような水ではないはずだ。彼・彼女たちが飛び込むと、波が来て、ごっくん、飲んじゃった。

圧巻は、イルカ。イルカ体験を提供しているOcean Adventure。その横のカマヤンビーチには感動した。「イルカに乗った少年」にはなれない(笑)。が、イルカが引っ張ってくれる。イルカの肌はすべすべ。イルカの胸ヒレ(人間では手に相当)に捕まっているとイルカは背泳ぎで引っ張ってくれる。その力強さ、スピード感は、感動。救命胴衣をつけて一緒に泳ぐので泳げない人でも大丈夫。イルカを堪能できる。たった30分だったが、忘れられない思い出になった。


ここは、Ocean Adventureという、日本でいう鴨川シーワールドの大型版。多くの子供が来ている。イルカに乗る時間までの間、動物ショーも見た。蛇、サル、犬が芸をする。会場は、小学生くらいの子供達で満席。昔、上野動物園にパンダを見に行ったときに、子供ばっかりが居た風景を思い出した。そういえば、昔の日本も子供ばっかりの場所があったなぁと。イルカショーも見た。外海を使っているので、鴨川シーワールドよりも迫力があるこちらは、中学生や高校生の遠足組で一杯。簡単な英語で寸劇をしているので、これも面白い。


その横のカマヤンビーチも魚の数では圧巻。ハワイのハナウマ湾、モルディブの海、いずれよりも、その魚の数に圧倒された。社長のご厚意で、炊飯器に炊いたご飯を持っていき、それを魚にあげたことも良かったのだろう。大小の魚が寄ってくる。魚の大群。まるでトルネード(竜巻)のように魚が渦を巻いている。これには、息を飲んだ。海の向こうが見えないくらいの魚の群れ。眺めても、眺めても飽きない。


あまり褒めすぎても、中立的ではない。一つだけ難点を上げるとすれば、マニラからスービックまでの距離だ。マニラの空港から、市街の渋滞を抜けるのに時間がかかる。インドムンバイほどの渋滞ではないが、この渋滞には困った。帰りは、トイレに行きたくなったので、帰りのトイレは、トイレ休憩を含めて必須だ。スービックは、もともと、米軍の海軍基地。近くにクラークという元米軍のアジア最大の基地が転じた空港もある。仁川から直行便が出ているようなので地方在住の方は、仁川や香港経由で行くと、その問題もクリアできるかもしれない。


まとめると、英語の授業が良く、比較的安全な街で、色々なアクティビティを楽しめる、そんな英会話学校。そう考えると、車での移動時間を考えても、行く価値があると思います。本当、車の移動距離だけだなぁ。難点は。



ちなみに、事務局から1つ補足すると…

スービックに最寄りのクラーク国際空港まで、2019年8月9日より、成田からセブ・パシフィックの直行便が就航します。今まで、日本からクラークへの直行便は関空からのジェットスター(週3便)のみで、首都圏からのアクセスは良いとは言えなかったのですが、これでずいぶん便利になりますね!

産経オンライン英会話では、フィリピン留学 個別オンライン相談会を実施しています
それぞれのお客様に合わせて、最適な語学学校やプランをご案内させていただきます。

オンライン英会話と合わせて留学もお考えの方、ぜひお気軽にお問い合わせください。

[お問い合わせはこちらから]
https://lp.learning.sankei.co.jp/cebu

産経オンライン英会話 カスタマーサポート

産経オンライン英会話 カスタマーサポート

日々の英語学習に役立つ情報、スタッフによるサポート情報を中心にお届けします。