Original

「Skypeが掛かってこない…」講師と連絡が取れない場合のチェックポイント7点

こんにちは。運営スタッフのMieです。
本日はカスタマーサポートにまつわる話題を。

カスタマーサポートでは、「講師から定刻にコールがかかってこない…」というお問い合わせをいただくことがありますが、よくよく調べてみると、講師側は定刻通りにお客様にコンタクトを試みていたにも関わらず、お客様側の要因で連絡がつながらない、というケースが散見されます。

「あれ、先生から連絡がない・・・」
そんな時にお客様側で確認すべきポイントをまとめてみたので参考にしてください!


■最初に、マイページをご確認ください
講師側で急な停電やインターネット回線不良などが発生しレッスンが休講となってしまった場合は、マイページ下部「次回のレッスン」欄に表示されます(同時に、ご登録のメールアドレスにも通知が届きます)。休講のお知らせが届いていないかどうか、念のためご確認ください。
届いていましたら申し訳ありません…


■別のSkypeアカウントでサインインしていませんか
個人で複数のアカウントをお持ちの場合や、ご家族で端末を共有されている場合など、別のSkypeアカウントでサインインしたまま待機し、講師と連絡が取れないケースもみられます。うっかり別のアカウントでログインしていないか、ご確認ください!


■別の端末で二重にSkypeにサインインしていませんか
例えば、パソコンとスマートフォンの両方でSkypeをお使いの場合、両方でサインインしたままになっていると、着信を受けた時に混線してコールが鳴らない場合がございます。以前スマートフォンでサインインしたままの状態で、パソコンの前で待機していませんか?サインインする端末は1台だけにしておきましょう!


■Skypeソフトウェア、および端末の再起動
講師から連絡が届かない場合、Skypeを一度サインアウト→サインインし直すことで、通信がリセットされて連絡が届くケースがあります。また、Skypeそのものの動作が不安定になっている場合、端末自体を再起動していただくことで効果がみられる場合もあります。お試しください。


■(それでも連絡が取れない場合)マイぺージに表示されるコールボタンでお客様側からコール
レッスン時間開始の約2分後~レッスン終了時刻 までの間、産経オンライン英会話Webサイトマイページ下部に、お客様側から講師のSkypeにコンタクトを試みることができるボタンが出現します。こちらをお使いいただき、講師へのコールをお試しください。


■Skypeのアップデート状況確認
Skypeのバージョンが古いものをお使いいただいていると、通信の未達といったトラブルが起きやすくなる傾向があります。お使いの端末にインストールされているSkypeソフトウェアについて、正常にアップデートが行われ、新しいSkypeをご利用されているかをご確認ください。
(Windows PCの場合、上部メニュー > ヘルプ > アップデートの確認 よりご確認いただけます。)


■(それでもさらにトラブルが続発する場合)Skype「shared.xml」ファイルの削除
shared.xmlというファイルは、Skypeが使用する設定ファイルです。当ファイルを削除することでSkypeのコンタクトおよび通信の不具合が解消する場合があります。(念のため、Skypeのカスタマーサポートにお問い合わせの上操作されることをおすすめします。)

[参考] Skype公式サポートページ
https://support.skype.com/ja/skype/all/


いかがでしたか?
受講生様も講師も時間通りに用意していたにも関わらず、連絡が取れずにレッスンが受講できないのは辛いですよね。現時点で順調にご受講いただけている方も、万一の場合に備え、上記の手順をご確認いただくことをおすすめします。

なお、レッスンに関してお気づきの点がございましたら、どうぞお気軽にカスタマーサポートまでお知らせください。

Happy Learning!

Mie

Mie

産経オンライン英会話 サービス開発推進部アカデミックディレクター 東京外国語大学卒。産経オンライン英会話のサービス立ち上げから参画。教材開発及びプログラム企画開発、オンライン講師のマネジメント等ほぼすべてのセクションに関わる。英語圏への留学経験なしにTOEIC(R)スコア980点を取得。中国語も堪能。