Original

【職場で使える英会話】In (the) front

英語を話す上で大変重要な前置詞は、数も多いうえに使い方も多岐に渡るので、マスターするのが難しい品詞です。

例えば“in front of”と“in the front of”の違いがわかりますか?ダイアログで確認してみましょう。ユウジとJackの会話です。

Yuji: Hang on, Jack. I don’t have my wallet.

Jack: Where do you think it is?

Yuji: I think it’s probably in front of my car.

Jack: You mean you dropped it on the road?

Yuji: No. I mean I probably left it on the driver’s seat.


この二人の会話から、“in front of”と“in the front of”の違いがわかりましたか?

“in front of~”は「~の前に」、“in the front of~”は「~の前部分に」という意味です。ユウジは車の前の部分に財布を置いてきたかもしれない、言いたかったのですが、“in front of”と言ったため、車そのものの前、つまり道路に落としたのか、とJackは聞き返しています。

“I think it’s probably in the front of my car.”と言えば、たぶん運転席かグローブボックスにあると思う、となります。

See you next week.

Aya

Aya

上智大学英文科卒業。大学在学中、ロンドン大学に2年間留学。大学卒業後は都内の出版社に所属し、児童英語教師、英語教師、また新人講師育成のためのインストラクターとして勤務。現在は英語がネイティブの娘のホームスクールを楽しみながら、各種メディアにて、乳児〜成人までの英語・英語教育にまつわる記事を中心に執筆活動を行っている。CertTEYL (Canada, Advanced Teacher Training Inc. による15歳までに英語学習者のためのTESOL資格)、およびJ-SHINE(日本の小学校英語指導者資格)所持。