Original

【職場で使える英会話】BringとTakeの違い

みなさん夏の旅行計画は立てましたか?

今回は旅行友人同士が旅行について話し合っている場面を見てみましょう。
間違いが分かりますか?


《今日の会話》

Mari: I wish that I was going to Hokkaido with you.

Moe: Me too. I will take you a souvenir.


間違いが分かりましたか?
モエは“take you a souvenir”と言いましたが、“bring you a souvenir”と言うべきでした。

“bring”と“take”の間にはいくつかのルールがありますが、使い分けのコツとして“bring”は誰かのいる場所に向かって何かを「持ってくる」動作を表します。

“I hope you bring me a good souvenir.”(すてきなお土産を持ってきてくれるといいな)といった例が挙げられます。

“take”は単純に何かを別の場所に「移す」「持っていく」動作のことを表します。“I am just going to take this letter to the post office.”(この手紙をちょっと郵便局に持っていきます)がその例です。

日本語の意味とは少し違うニュアンスですが、覚えてしまえば簡単ですね!

産経オンライン英会話 カスタマーサポート

産経オンライン英会話 カスタマーサポート

日々の英語学習に役立つ情報、スタッフによるサポート情報を中心にお届けします。