英会話を上達させるために必要なこと

「英語が話せるようになりたい」誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。一方で、多くの方が実際に話せるようになる前に挫折してしまっているのも事実です。今度こそ、本当に使える英会話力を身に付け、英語でコミュニケーションを取れるようになりたいあなたに、必要な考え方と具体的な勉強方法をご紹介します。

これから英会話を頑張りたい方。一度は挫折してしまったけれどもう一度チャレンジしたい方。ぜひ参考にしてみてください。

1. 話すためには「知識」が必要 −インプットとアウトプットの重要性

英語学習で「インプット」というと、詰め込み型の受験英語を思い出して嫌な気分になる方もいるのではないでしょうか。中学・高校の6年間でさんざん英語を勉強したにも関わらず話すことができないことを思うと、「英語を「勉強」しても話せるようにならないじゃないか!」と反論したくなる方もいるかもしれません。

しかし、話したいことを表すための単語や文法を知らなければ、当然ながら英語を話すことはできません。また、「通じる発音」が出せることも知識の表れ。間違った発音を覚え、そのまま使ってもコミュニケーションは成立しません。
英語から長く遠ざかっていた方、決まり文句のあいさつ以外はスムーズに話せないという方は、ぜひ中学英語を総復習する参考書に取り組むなどして、基礎レベルの文法知識を一通りおさらいすることをおすすめします。また、単語については、暗記カードをめくって文字と意味を覚えるようなやり方ではなく、ぜひ音声・文字・意味をセットで覚えるようにするとよいでしょう。CDでもアプリでも結構です、ぜひ、お手本の音声が用意されている教材を使ってください。

その上で、インプットした内容を組み合わせ、自分の言いたい内容を言葉に変えるのがアウトプットです。日本語を書いたり話したりする時、自分の言いたいことをよりよく表すための言葉を頭の中で推敲することがあるでしょう。日本語の場合は幼少の頃から長い時間使っていることもあり、意識しなくとも適切な単語や表現が思い付きますが、外国語の場合はそうはいきません。インプットした知識をスムーズに取り出せるようになるための練習が必要です。

また、インプットした知識を総動員して頭の中で英作文をし、アウトプットを試みた結果、発音や文法、語句の使い方を間違えてしまったり、いざという時にうまく言えなかったり、といった経験をすると思います。その「失敗からの気付き」も、あなたにとって重要なインプットとなります。適切な単語を知らなかったのか、発音や文法が不適切だったのか。通じなかった原因をきちんと振り返り、足りなかった知識を再度補う。地道なプロセスにはなりますが、ぜひこれを繰り返してください。一度間違えたところはより印象に残ります。

大量のインプットを行った上で、話す練習としてのアウトプットを行い、気付きを再度インプットする。
これが、英語を話せるようになるための鍵です。

2. 7つの英語学習手段

次に、英語を話せるようになるための様々な手段についてご紹介します。

独学(参考書を使って学ぶ他、ラジオ講座やテレビ講座、通信講座、アプリを利用しての学習)

書店やインターネット通販で購入できる語学教材を使って独学する方法です。ラジオ講座などでの学習、定期的に送られてくる通信講座や、アプリなどを利用した学習もここに含まれます。
自分のレベルに合ったところから、マイペースで学べることがこの学習方法のメリットです。かかる費用もほぼ書籍代だけなので、数冊の参考書をじっくり学ぶということであればコスト的にも大変優れています。一方、独学で気を付けないといけないのは、フィードバックを受ける機会がないということ。間違った発音や、効率の悪い学習方法をしていても一人ではなかなか気付くことができません。そもそも、自分の目的やレベルに合った教材を一人で選べるかどうか、という問題もあります。また、独学だけではアウトプットの機会がなく、インプット偏重の学習に陥りがちです。たくさん勉強したけれど話せない、とならないように、何らかのアウトプットの機会を作るように心がけましょう。

映画や動画を観て学ぶ

有料のサブスクリプションサービスを利用して海外の映画やドラマを視聴したり、無料の配信サイトで公開されている動画を観たりして英語を学ぶ方法です。
多くの有料サービスでは、日本語の字幕だけでなく英語の字幕を出すこともできます。お気に入りの映画やドラマを繰り返し観た後、主人公になりきって一緒に声に出して練習したらきっととても楽しいことでしょう。映画やドラマが好きな方にとっては大変よい動機づけになりますね。ただし、映画やドラマの英語は多くの場合、初心者にとって難しいです。また、当然ながら映画やドラマで使われている英語は、英語学習者が学ぶ順番を考慮していないため、体系的なインプットは期待できません。あくまで息抜きのメニューとして取り扱うのがよいでしょう。

英会話カフェ

英会話カフェは、コーヒーやソフトドリンクを飲みながら、楽しく外国人スタッフと会話し、英語のアウトプットができる場所です。
英会話カフェは、予約不要で、費用も都度払いのところが多くあるので、まとまった期間の受講料を先払いしなければいけない通学制英会話スクールと比べて、安価で気軽に楽しめるメリットがあります。外国人だけでなく日本人のバイリンガルスタッフがいるところもあります。敷居が低い反面、英会話カフェは、英会話スクールと異なり、レッスンのカリキュラムやテキスト等がないところが多いので、カリキュラムに則った体系的なインプットは期待できません。また、楽しく話すことが中心で、フィードバックはあまり得られないでしょう。あくまで、アウトプットの場として活用するのがおすすめです。

英会話サークル

英会話を学んでいる人たちが、地域の生涯学習施設や公民館などに定期的に集まり、実践学習の場を持ちます。地域の外国人などを、講師に招く場合もあるようです。
かかる費用も実費程度ですので、家の近所に英語学習を励まし合える仲間がほしいという方にはとてもよい手段です。一方で、集まる人の目的やレベルはサークルによって様々です。入る前に活動内容をよく確かめて、可能であれば一日体験などをしてから入ることをおすすめします。また、英会話サークルの場合もカリキュラムに則った体系的なインプットや、講師からのフィードバックは期待できないため、アウトプットと仲間づくりの場として活用するとよいでしょう。

ここまでにご紹介した内容はインプット(もしくはアウトプット)のみしかできない学習方法です。インプットもアウトプットも同時に学ぶことができる効果的な学習方法は3つです。

通学制英会話スクール(グループレッスン・マンツーマン)

仕事帰りや休日に英会話スクールに通学し、レッスンを受ける方法です。
どのスクールも最初にレベルチェックがあり、あなたのレベルに合った教材・コースが用意されます。ほとんどの英会話スクールには日本人カウンセラーがいますので、英会話初心者でも日本語で説明が受けられるため安心です。
テキストに沿ったインプットと、講師や他の受講生との練習を通じてのアウトプットの両方を進められ、プロの講師から適切なフィードバックを受けることもできます。一方で受講料が高く続けにくい、費やした費用の割に上達がゆるやかになりがち、といった注意点があります。週1回1時間のレッスンで、グループレッスンだと月額8,000円〜12,000円、マンツーマンレッスンだと月額24,000円〜30,000円程度が相場となりますが、月に数時間の英語学習だけでは圧倒的に学習量が足りません。通学制英会話スクールを利用する場合は、レッスン以外の時間に他の手段で学習量を補うことが必須と言えるでしょう。

語学留学

英語圏にある語学学校に行き、一定期間現地の学校で学びます。アメリカ、カナダ、オーストラリアといった国の他、最近ではフィリピン留学も人気があります。
語学学校では毎日長時間、プロの講師からのレッスンを受講することができ、日々のアウトプットに対して適切なフィードバックが受けられます。また留学期間中はホームステイ、もしくは学校の寮に滞在することになりますが、授業時間後も滞在先のホストファミリーや寮のルームメイトと英語でコミュニケーションを行うため、短期間で集中的に英語のインプットとアウトプットを行うことができます。時間と費用が許せば非常に効率的な学習手段といえますが、一方、現地では他の国からの留学生と共通のカリキュラムを受けるため、日本語での説明が書かれたテキストはまず使いません。充分な学習効果を得るためには、英語で英語の説明を理解できる程度の知識を備えた上で渡航されることをおすすめします。産経オンライン英会話でも、希望者には信頼できる語学留学先のご紹介を行っています。

オンライン英会話

インターネット経由で、外国人講師とのマンツーマン英会話レッスンを受ける方法です。自宅や勤務先など、都合のよい場所から好きな時間にプロの英会話講師からのレッスンが受講できる他、毎日受講してもかかる費用は月額6,000円程度と、通学制スクールと比べると圧倒的にコスト面で優れています。
多くのスクールではレベルや目的に合わせたテキストが用意されているので、カリキュラムに沿った体系的なインプットが可能な他、講師を一定時間独占することができるため、アウトプットとフィードバックのボリュームも期待できます。ただし、スクールによって講師の質やプログラムの内容が異なる他、自分が予約したい時間に講師の空きがあるかといった問題もあります。本格的に受講する前に、まずは体験レッスンを受講し、そのスクールが自分に合うかを確かめるとよいでしょう。

3. 英語の上達にはオンライン英会話がおすすめ

英語を話せるようになるためには、ただ会話の練習をするだけではいけません。必要な知識を身に付けるプロセスが必要です。そのためには、1つだけでなく、ぜひ2〜3の手段を組み合わせるのがおすすめです。

英語を学ぶ手段は上記でご紹介したように多くありますが、それぞれ一長一短があります。独学や動画を見る方法ではフィードバックが得られず、また英会話カフェやサークルには体系化されたカリキュラムがありません。通学制英会話スクールだけでは学習時間が圧倒的に不足し、とはいえ語学留学にはまとまった時間と費用を捻出する必要があります。
オンライン英会話では、カフェやサークル、独学、映画では得られない体系化されたカリキュラムの元、講師からのフィードバックが得られます。個人の希望によってレッスンの回数や時間も柔軟に対応できるため、充分な回数をお手軽な値段で始めることができます。
インプットしたものをアウトプットする機会と、他人からのフィードバックが英語上達のポイントです。その両方が叶えられるオンライン英会話で、ぜひ英語学習を始めてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
星澤美衣

産経ヒューマンラーニング株式会社 サービス開発推進部 アカデミックディレクター
東京外国語大学卒。産経オンライン英会話のサービス立ち上げから参画。教材開発及びプログラム企画開発、オンライン講師のマネジメント等ほぼすべてのセクションに関わる。英語圏への留学経験なしにTOEIC®スコア980点を取得。中国語も堪能。