英会話を学ぶとは?

英会話を習得するために必要な考えかたとおすすめな学習方法の紹介

「英会話ができるようになりたい!」と思い、英会話の習得にチャレンジする人は多いのではないのでしょうか。でも、ほとんどの人たちが英会話を習得する前に挫折してしまうのが現実のようです。

私たちは中学校、高校で6年間も英語を学んでいますが、実際に英語が話せるようになり、満足に英会話ができるようになった人は殆どいないと言っても過言ではないでしょう。

ここでは、英会話の習得に必要な考え方と具体的な勉強方法をご紹介していきます。

これから、英会話を頑張ってみたい方や、挫折してしまった方にとっても役に立つと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

1. 英会話の習得に欠かせないインプット学習、アウトプット学習

英会話を習得するためには語彙や文法、センテンスなどを身につけるためのインプットと、実際にこれらの事を声にして出すアウトプット、このふたつを両輪として学習を進めていくことがとても大事です。

私たちが学校で学んだことの多くは「単語の暗記」「文法」「リーディング」「ライティング」「リスニング」などのインプット学習が中心でした。反対に、実際に声を出し話してみる「スピーキング」や「会話」の学習はほとんどしていません。

インプット学習とアウトプット学習のバランスが取れていない教育を受けてきたので、英語に自信がある人でも、読み書きはできても、会話は苦手な人が多いようです。

2. 英会話インプット学習

私たちが英会話を勉強する時には、「単語」「文法」「センテンス」などを暗記して覚えていました。今ではもっと効果的な英会話の学習方法もありますので、一部紹介いたします。

英会話の音読

英会話の音読は、英語のスピーキング力と読解力、リスニング力の向上に役立ちます。
音読をすることにより、英語の発音に慣れてきます。

英語と日本語は、発音の仕方が違うので、いつもとは違う口と舌の動かし方をしないといけません。
例えば、英語の「r」「th」「s」の音などは日本語にはありませんので、身につけるまでには練習が必要です。

英語を話すことに慣れていない場合、音読をすると口や舌に疲れを感じますが、これは普段とは違う口や舌の動きをするためです。
このように、音読は、スピーキングのトレーニングにもつながります。

また、音読をすることにより語彙を覚え、読解力を高めていけます。
語彙を覚えるためには、その単語を実際に口に出して言えないと覚えることはできません。
単語帳を眺めながら暗記をするよりも、音読の方が確実に効果的です。
音読により、知らないセンテンスにも気づけますので、知らない、わからないところを調べて覚えることにより、読解力が高まります。

音読にはリスニング力を高める効果もあります。
リスニングは相手が言ったこと、話したことを聞き取り理解しないといけません。
その為には、相手が話すスピードになれることがポイントになります。

自分で音読をする時に、その文章の内容が確実に理解できるスピードで読んでみます。
例えば、1分間に150文字読めて内容も確実に理解できたとします。
もし他の人が同じ文章を同じスピードで読めば、あなたはその人が読んだ内容を理解できるという理論です。

音読のスピードが高まれば、リスニング力も高まるということです。

英会話のシャドーイング

英会話においてシャドーイングは、リスニングのレベルアップにつながります。
シャドーイングをすることによって、リスニング時の集中力が高まります。

シャドーイングを行うには、まずは、「リピーディング」から始めていきます。
リピーディングとは、英語の語句や文章を聞き終えてから、繰り返して言ってみることです。

リピーディングがスムーズにできるようになったら、今度は1-2語聞き取った後に続けて口に出して言ってみます。これがシャドーイングの練習方法です。

シャドーイングには、聞く事と話すことを分離して行うスキルが必要になります。
この感覚を養うには、なにも初めから英語で練習する必要はありません。
最初は日本語のニュースやドラマのセンテンスで練習してみて、ある程度感覚がつかめたら、英語の教材で練習してみましょう。

英語で始めるときは自分が聞いて理解できるスピードから始めて、徐々にスピードを上げていくのがポイントです。

英会話のディクテーション

英会話のディクテーションは、正確なリスニング力と理解力、ライティング力が身に付く練習方法です。
リスニングだけでなく、ライティングも行うので根気がいる練習法ですが、自分の苦手なポイントがよくわかってきます。

ディクテーションのやり方は、英語のセンテンスや会話、スピーチなどを聞き取った後に、聞いた内容を書き出します。

ディクテーションをする時は、できるだけ文章単位で聞き取り、書くようにします。
聞いてみてわからない箇所があるときは音声を戻し、わかるまでやり直します。
もし、聞き取るセンテンスが長すぎると感じるときは、センテンスの途中で止めてみても大丈夫です。

一つのセンテンスを正確に聞き取り、書き出せるようになるには、何度も繰り返し練習をしないといけません。

時間がかかる練習ですが、地道に続ければ英会話力全体のレベルアップにも効果があるでしょう。

3. 英会話アウトプット学習

英会話のアウトプット学習は、実際に英語で会話をする訓練です。
英会話のアウトプットは、自分一人では効果があまり上がりません。
アウトプットの学習方法を紹介いたします。

英会話スクール

英会話スクールは英語のアウトプット学習に大変役立ちます。

実際に、外国人講師とレッスン時に会話の練習ができ、グループレッスンの場合は、他の生徒とも英語で会話の練習ができます。
英会話スクールは、英語を学びながら実際に英語の実践練習ができる場なのです。

また、英会話スクールを利用するメリットとして、ほとんどの英会話スクールには日本人カウンセラーがいますので、英会話初心者でも日本語で安心して体験レッスンの申し込みができることです。
入学時のカリキュラムやレッスンの説明や、クラスを決める前のレベルチェックなどの手続きは、日本人カウンセラーが対応しますので、英語が出来なくても心配なく入校できます。

ただ、ほとんど英会話スクールは週一回1時間ほどのレッスンで、レッスン代も月10000円ほどします。
そのため、レッスン代の割には効果が現れず、英会話の上達に時間がかかるイメージもあるようです。

確かに週一回のレッスンだけでは、なかなか上達しません。
英会話スクールで上達するには、レッスン以外の時間にどれだけ自分自身で勉強をするかがポイントになります。

自分が毎日勉強した結果を発表する場として英会話スクールを利用すると、インプット学習とアウトプット学習のバランスも良くなり、英会話のスキルもUPしていくでしょう。

英会話カフェ

英会話カフェでは、コーヒーやソフトドリンクを飲みながら、ワイワイ楽しく外国人スタッフと会話ができるのが特徴ですが、利用方法はカフェにより様々です。
英会話カフェは、英会話教室同様アウトプット学習に効果があります。
英会話カフェには、レッスンの予約が必要なく、レッスン代もレッスンごとに支払うシステムのところもありますので、一ヵ月分や半年分のレッスン代を支払う英会話教室よりも、安価でレッスンを気軽に楽しめるメリットがあります。

英会話カフェのスタッフには、外国人、バイリンガルの日本人が在籍しているところもあります。
英会話初心者で、外国人とのおしゃべりに自信がない人は、日本人スタッフと始めるといいでしょう。

英会話カフェは、英会話スクールと違って、レッスンのカリキュラムやテキスト等がないところが多いので、英語が全く分からない人には難しい部分があるかもしれません。
反対に、ある程度英会話ができるようになって、いろんな外国人と会話をたくさんしてみたいと思う人にはピッタリでしょう。

オンライン英会話

オンライン英会話は、インターネットを使って海外に住む英会話講師とレッスンが受けられるシステムです。
パソコン、スマートフォン、タブレットから自分の都合に合わせていつでもどこからでもアクセスしてレッスンを受けられるとろが人気の一つです。
また、レッスン代も英会話スクールに比べ、かなり安価なことが多いので、手軽に始められるところも人気のポイントです。

オンライン英会話の料金が安い理由は、講師の多くが物価の安いフィリピンの講師だからです。

ただ、フィリピンの公用語はフィリピン語と英語で、基本的にフィリピンの学校教育では、小学校から大学まで英語でおこなわれています。
そのため、フィリピン人はアジアの中でもレベルが高い英語が話せるので、講師としてのスキルも十分です。また講師自身が第二外国語として英語を身につけている為、ネイティブスピーカーよりも学習者の気持ちに沿ったレッスンが期待できます。

オンライン英会話のレッスン代は毎日1レッスンで月額5000円~などのところもありますので、月4回のレッスンの英会話スクールに比べると、断然格安でレッスンを多く受けられるのが魅力です。

4. 英会話の習得のキーは継続する事

英会話の習得に即効的なものはない

英会話だけでなく、語学の習得には時間がかかるものですが、地道に続けていけば、少しずつ英会話のスキルは身についていきます。

たまに、「~日でペラペラになる」「~日で英語がわかる」などという宣伝文句の英会話教材がありますが、英会話の習得はそんな短期間でできるようなものではありません。

英語圏の子供たちも、英語が使われる環境で、何年も英語で育てられ、英語を話す友人たちと遊びながら英語が話せるようになっているのです。

英会話を楽しく学ぶ

英会話を継続して学習していくためには、いかに英会話を楽しく学んでいくかも大事なポイントになります。

英会話を始めた方のなかには三日坊主に途中であきらめてしまった人も多いでしょう。
毎日毎日単語を覚えたり、テキストを読んだりするのは大変な事。
実際に身についているのか、効果があるのかなどの疑問や不安もわいてきます。
この様な状態では、英会話の学習は継続できません。

英会話の勉強が苦痛に感じてきたら、どうやったら楽しく英会話を学べるか考えてみることです。

たとえば、趣味を勉強に取り入れるのは一つの方法です。料理が好きならば、料理に関することを英語勉強してみると、もっと楽しく学べるでしょう。
あるいはコーチング型のプログラムでプロのカウンセラーに併走してもらうという手もあります。

英会話を無理なく学習する

英会話を始めたばかりの人の中には、高い目標を設定して学習をする人もいます。
高い目標を持つことは、モチベーションを高めることにも繋がりますが、反対になかなか目標に達成できないと、やる気をなくすことにもなります。

1ヶ月に無理して1000個の単語を覚えようとするよりも、毎日無理なく5個、10個と覚えていく方が長続きしやすく、英会話のスキルが確実にUPしていくでしょう。

英会話を習得するには継続が大事ですので、無理なく続けられるペースで勉強していくことを意識してみてください。

最後に

英会話だけに限らず、どんな語学の習得にも時間がかかります。
ただ、時間が掛かるぶん得られるものもたくさんあります。

色々な国の人と英語を使って会話ができ、コミュニケーションがとれ、分かり合えることはとても素敵な事です。

英会話の習得には、地道な努力がいりますが、インプットとアウトプットの学習を継続していけば、少しずつですが必ず身についていきます。

簡単な事ではありませんが、自分のやりやすい方法に合わせてみて、ぜひ頑張ってみてください!